クールビズ導入の反応

クールビズ導入の反応

2005年からエコ対策の一環としてクールビズが導入されましたが、反応は様々です。
しばらくはクールビズという制度をすぐに実践したという企業もあれば、この言葉自体を知らない、という方もわずかながらにいたようですが、今ではすっかり定着したようです。

 

導入後しばらくは、厳粛な場でノーネクタイは、礼儀に反している、だらしがない、などの反応が各業界からのコメントとして挙げられていましたが、特に2011年の震災後は、更に電力節約のために多くの企業でクールビズが導入されていきました。

 

最近では、夏の時期の通勤サラリーマンでもノーネクタイの人が多く、ジャケットすら身に着けていなくても違和感がなくなってきたのもこの制度に同意する反応が増えてきたのでしょう。
また、大企業家、中小企業、個人経営の会社と様々な企業でクールビズを導入しているのも、一般世間でもクールビズに対する積極的な反応の現れともいえるかもしれません。

 

クールビズは、導入当初の反応と今現在の反応がだいぶ変化して、今ではクールビズの期間終了後もエコ対策の一環としてこの導入を続けている企業も少なくありません。