クールビズ効果

クールビズ効果

地球温暖化対策の一環として2005年からはじまったクールビズは、今年で10年目を迎えることになります。

 

今年は更に6月よりスーパークールビズの導入で更にエコ対策を強化していますが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

 

例えば、人の体温はネクタイをすると、していないときよりも2度上がるといわれています。
また、電力効果として、室内温度を常に28度に設定をすると、26.2度設定と比べてひと夏だけでも最大約290万トンの二酸化炭素(CO2)の削減に貢献します。

 

経済効果をみても、ネクタイの売り上げは減少したものの、通気性のよい様々なYシャツやジャケット、ズボンなどの売り上げは大幅にアップし、アパレル業界ではクールビズ関連の商品が次々と登場しています。
スーパークールビズの導入で、今後も更にTシャツやポロシャツ、ジーパンなどがクールビズ関連商品とてオフィス用のデザインものが多く市場に出ることでしょう。

 

雑誌やテレビでも多くのクールビズファッションが特集されて、今後も様々な分野でクールビズ効果が現れていくでしょう。